吉田都の凄さや魅力、経歴を調べてみました。【究極の舞姫】




日本を代表するバレリーナ、吉田都さん。
現在50代。

英国ロイヤル・バレエ団などで最高位のプリンシパルを22年間つとめた、まさに日本が世界に誇るダンサーです。

そんな吉田都さんの経歴や、踊りの魅力ついて調べてみました。

吉田都の経歴

幼少期からローザンヌ国際バレエコンクール入賞まで

1965年10月28日、東京都国立市に、地方公務員の父と、専業主婦の母の間に、二人姉妹の妹として生まれました。

1974年、9歳の頃にバレエに出会います。
石沢秀子さんが主催するスタジオでバレエをはじめ、1981年には全国舞踊コンクールのジュニア部門で第1位を獲得して期待を集めました。

石沢さんの勧めもあって名門・松山バレエ学校へと移籍。
その後、学業とバレエを両立しながらトレーニングを積みました。

1983年、高校2年生で人生の転機がやってきます。
ローザンヌ国際バレエコンクールのスカラシップ賞を獲得したのです。


そして英国のロイヤル・バレエ学校に入学しました。

英国ロイヤル・バレエ団といえば、パリ・オペラ座(フランス)マリインスキー・バレエ(ロシア)とともに「世界3大バレエ団」に数えられています。
そんな英国ロイヤル・バレエ団の付属校へ入学することとなったのです。

学校はロイヤル・バレエ団と同じ場所にありました。
世界的なバレエ団に所属する、プロのダンサーの存在を肌身で感じながら、見知らぬ土地で研鑽を積む日々。

ここでもすぐに確かな技術で頭角を現しました。

英国ロイヤル・バレエ入団、そしてプリンシパル(主役)へ

ロンドンの街並み入学からわずか1年後には、サドラーズウェルズ・ロイヤル・バレエ団(現在のバーミンガム・ロイヤル・バレエ団)への入団が決まったのです。

バレエの世界的名門、英国ロイヤル・バレエ団への入団(1995年バーミンガムから移籍)。
芸術監督のピーター・ライト卿に、確かな実力を認められてのことでした。

ローザンヌ国際バレエコンクール入賞、英国ロイヤル・バレエ団でプロのバレエ・ダンサーに。
その卓越した技術で、自らのキャリアを切り拓いた吉田都さん。

英国にはバレエのみならず、演劇やミュージカル、絵画や建築など、多くの分野の芸術において、長い歴史があります。

英国という土地の成熟した文化と、彼女自身のたゆみない努力によって、バレエ作品への深い理解と優れた表現力が磨かれていったのではないでしょうか。

1988年、最高位のプリンシパル(主役)に抜擢されました。
プリンシパルは、常にバレエ・ダンサーの目標です。

ロイヤル・バレエ団の、たくさんの実力あるダンサーたちがプリンシパルの座を狙っているのです。
プレッシャーは計り知れません。

厳しくも最高の環境で彼女は優れた演出家と出会い、すばらしい作品を生み出していきます。


重力から解き放たれた究極の舞姫!吉田都の踊りの魅力とは?

1988年から2010までという超長期にわたり、計22年もイギリスの二つの名門バレエ団でプ最高位のプリンシパルとして舞台に立ち続けた吉田都さん。

ところが彼女は身長は159cmと小柄で、海外のダンサーのようなスラリと伸びた長い手足も持っていません。
バレエ・ダンサーとして、決して恵まれた体格ではないのです。

【バレエに向いている骨格】不向きな大人は上達しないの?

2017.12.08

でも、その踊りには、観る者を引きつけてやまない魅力があります。

吉田都の踊りの特徴を3点挙げてみました。

筋力がとても強いのでポジショニングが美しい

見た目がとても細いのに筋力が尋常でなく、年を重ねても難しいバリエーションを行った際のポジションがとても美しいことに定評があります。
つまり、「強い」ということです。

これは人生のほぼすべてをバレエに捧げているからでしょう。

筋肉トレーニングだけでなく入念にも入念な日々のストレッチ、体を冷やさない心掛けから毎日の食事内容までを徹底的に可能であることをできうる限りやる彼女の完璧主義と努力の賜物です。

バレエに必要な筋肉のつけ方は?効果的な鍛え方を調べてみました。

2017.11.10

脚の動きが正確無比

脚の主に膝下を細かく動かして前後に移動するバレエの可憐さを表現するときに、他の誰よりも細かく刻み、かつ脚の動きがきっちり観るものに見える程正確無比です。

これも、脚の筋力の他に体幹が人並外れて強くなっていなければふらつきにつながり、できません。

精密にコントロールされたターンやステップは観るものを魅了してやみません。

夢のような浮遊感のあるバレエ

年齢が上がっても「ロミオとジュリエット」のジュリエットのような若い娘役をこなせます。
その他にも数多くのスタンダードな作品で主役を踊り、また、重力を感じさせない高度な技術によって、軽やかな少女や妖精の役も演じました。

それほど手先の演技や、内面から滲み出るような感情豊かな表現で年齢を超越できるともすればはかなげとも見える可憐なバレエです。

これは日本人特有の性格の細やかさから来ているのではないかとか、欧米のバレエダンサーには真似できないとよく評されています。

40才になった彼女が、設定は十代の乙女をやってもなんの違和感も無い程に、彼女の役の内面の理解に基づくカラダの末端と独自の美意識で見せつける夢のような浮遊感のあるバレエは唯一無二とも言われます。

彼女は、舞台という空間を自在に操ることができるカラダを持っているのです。

永久保存版!吉田都が出演する英国ロイヤル・バレエ団名作3選

ロメオとジュリエット」ジュリエット役

1994年に皇太后(クイーン・マザー)の生誕記念公演が開催されました。
その際に皇太后とマーガレット王女の前で、このジュリエット役を演じました。
そして、2010年に自身が英国ロイヤル・バレエ団を退団する際にも上演された演目です。

くるみ割り人形」こんぺい糖の精役

金平糖の精の踊りは必見。
正確な技術と豊かな音楽性によって、柔らかくたおやかなパ・ド・ドゥです。
ピーター・ライトによる演出も見どころ。

「オンディーヌ」オンディーヌ役

オンディーヌは水の妖精、人間の男と恋をして結ばれますが、最後には悲しい結末が待っています。

監督・振付のフレデリック・アシュトンは、現在のロイヤル・バレエ団を作り上げた立役者でもあります。

コロムビアミュージックエンタテインメント
¥4,600 (2018/11/20 09:58:37時点 Amazon調べ-詳細)

その他『白鳥の湖』『ドン・キホーテ』『眠れる森の美女』『ジゼル』『コッペリア』『シンデレラ』『ライモンダ』など、数多くの作品に出演し、高い評価を受けています。

ロイヤル・バレエ退団、そして未来へ

2010年にロイヤル・バレエを退団。

吉田都さんの実力は、バレエの本場「イギリス」日本人にはアウェーにも関わらず22年間もトップで居続けたことでいかに揺るぎ無いものか分かります。

現在はイギリスから日本へと拠点を移し、フリーランスのダンサーとなった吉田都さん。
チャリティー公演を行うなど、精力的な活動を続けています。

日本で年に一度開催されている「バレエの饗宴」でも、彼女の出る回と出ない回ではチケットの売れ行きがだいぶ違うようです。

2020年9月には新国立劇場・舞踊部門の芸術監督への就任が見込まれるなど、これからも活躍にも目が離せません。

いろは
吉田都さんのエッセイ「バレリーナ 踊り続ける理由」の感想は、下の記事をよんでみてくださいね。

「バレリーナ踊り続ける理由」吉田都を読んだ感想を書いてみました。

2018.07.31



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、ミキコです。 小学1年生〜高校2年生までバレエを習っていました。 一旦はやめたものの20代半ばで再開し、今は週3回レッスンを受けています。 バレエの面白さをもっと知ってもらうために、このブログを書いています。