バレエのバランセのコツや意味を調べてみました。動画あり。




バランセとは、ブランコのように揺れながら、3表拍子のステップを刻むことです。
ワルツの代表的なステップであり、かつ欠かせないとても必要なステップのことを指します。

バランス、揺れる、という意味を持ち、バレエでも揺れるようにしてバランスを取る動きを表していて、3拍子(6/8拍子ももちろん)に合わせて、左右に重心を移動させ足踏みするステップです。

その動作をイメージするならば、穏やかな川の流れや、シルクのスカーフが舞うさまを思い浮かべるとわかりやすいでしょう。

緩やかに、穏やかに、優雅に、なめらかに、流れるように次へ繋げるための動きで、重要かつ奥の深いものです。

これを習得し上手にこなすことで、動きの幅を増やし、美しい動きをみせることができます。

動きの種類と2つの行い方

トウシューズで立つバレリーナ

バランセの動きの種類
  • 前後(アン・ナバン、アン・ナリエール)
  • 左右(ドゥ・コテ)
  • 回転(アン・トゥールナン、ワルツステップ)
簡単に説明すると、5番ポジションから一歩踏み出してドゥミ・プリエを行うのが1拍目。

もう片方の脚を先の脚の後ろにク=ドゥ=ピエを通って踏み上がるのが2拍目、降りてク=ドゥ=ピエに戻るのが3拍目です。

やり方には2通りあり、1歩目、2歩目はどちらも同じですが、3歩目はプリエの場合と、ドゥミ・ポアントかポアントの場合があります。

どれが正しい、と言うことではなく、教科書によってその動かし方の説明が違う場合があるので、両方を習得しているとよいでしょう。

横に動く「バランセ・ドゥ・コテ」

ドゥ・コテ、とは横に動くことを指します。

やり方は、前脚をルルベにして、後ろ脚を大きく横にアクセントをつけながら踏み込みます。
横に伸ばした脚はつま先までしっかり伸ばすと美しく見えますよ。

2歩目はク=ドゥ=ピエの脚にドゥミ・ポアントかポアントに立ち、前脚は前のデガジェに伸ばす場合と、ク=ドゥ=ピエにする場合があります。

3歩目は、前の脚をドゥミ・ポアントまたはポアントにしましょう。
ワルツの3拍子のリズムにのることを忘れずに。

前後のバランセ「アン・ナバン」と「アン・ナリエール」

バーの下であぐらをかくバレリーナ

  • 前に進む「バランセ・アン・バナン(ヴァナン、とも)」
  • 後ろに進む「バランセ・アン・ナリエール」
この2つで行う前後への移動はエファッセに向いており、動かし方はドゥ・コテと同じです。

アン・ナバンのやり方は、腕はアラベスクのようにします。
顔の角度は上に45度
上半身は引き上げるようにしましょう。

アン・ナリエールのやり方は、前の腕をアン・ナバンにし、今度は逆に顔の角度は45度下
上半身もやや下向きになります。

アン・ナリエールのコツとしては、上半身を少し下に向ける際、角度には注意が必要で視線に合わせて落としがちになることに気をつけましょう。


バレエのバランセ回転「ワルツステップ」「アン・トゥールナン」

回転のときのポイントは、1拍目のプリエが大切。
そして、2拍目、3拍目は軽やかにステップを踏みましょう。

優雅で大きな動きに見えるコツは、1拍目できちんと用意しておくこと。
動き出す心構えをしつつプリエを行うとよいでしょう。

そうすると、脚を伸ばした距離よりも遠くに踏み出すことができます。

身長の高低差がある人と一緒に踊る際、特に自分よりも身長が高い人と踊る時には、どうしても距離が足りなくなる場合があります。

そういったときに、背中を押されて押し出されるイメージでプリエを行うと、踏み出す距離をより遠くに伸ばすことができます。

これについては、前後の動きのときでも同じと言えることで、踏み出す動きを行うときには足だけではなく、背骨から腰骨にかけてをも同時にドゥミ・プリエするイメージで行うことが大切なコツと言えるでしょう。

カラダ全体を使って踊るイメージを持ち、自分の周りの空気を優雅にかき回すように動きましょう。

優雅に揺れるコツ

優雅に踊るダンサー日本人は、三拍子の動きが不得意な人が多いと言われています。
ですが、三拍子は優雅に舞う動きに、なくてはならない拍子でもあるので、上手に拍を取る意識も必要です。

拍を刻むときに、上下に刻むのではなく横に流すように刻むと、イメージが掴みやすいです。

このバランセの基本である「流れ」と同じく、川が流れるようなイメージでリズムを意識すると、上手に三拍子が取れるようになります。

ただし、その流れは急な流れではなく、穏やかな優雅な流れをイメージしましょう。

たった3歩踏むだけの動きですが、腕と脚がバラバラになってしまったり、動きが小さくなってしまいがちで、最初は難しく感じる場合もあるでしょう。

何度も言いましたが、最もイメージすべきは「優雅に流れるように」。
それを念頭に置いて、優雅な緩流の動きで行ってみましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、ミキコです。 小学1年生〜高校2年生までバレエを習っていました。 一旦はやめたものの20代半ばで再開し、今は週3回レッスンを受けています。 バレエの面白さをもっと知ってもらうために、このブログを書いています。