「白鳥の湖」バレエのあらすじやバリエーションなどを解説してみました。




今日は、古典バレエの王道、「白鳥の湖」を紹介します。

本作品は、チャイコフスキーの3大バレエで、最初に作られました。
今でこそ、名作中の名作ですが、実は初演は大コケしてしまったという逸話があります。

白鳥の湖がヒットしたのは、チャイコフスキーが没後のこと。

マリインスキー・バレエ団で、プティパと弟子のイワノフが演出や振付けを改訂して上演したところ、大成功をしました。

その後、様々なバレエ団で振付家による改訂、再解釈が行われ、多くの亜流ができました。

まずはメインストーリーから、順番に見ていきましょう。

■目次

「白鳥の湖」登場人物の紹介

白鳥の湖のオデットとオディール主役はオデットとオディール、そしてジークフリート王子であり、ロットバルトも準主役として有名です。
しかし、その他にも、キーとなる人物がいます。

主な登場人物
オデット:ロットバルトの呪いによって白鳥になったお姫様。
ジークフリート:王子
ロットバルト:オデットを白鳥に変えた悪魔。フクロウがモデル。
オディール:ロットバルトの娘。王子を誘惑する。

王妃:ジークフリートの母。ジークフリートに結婚を促す。
ウオルフガング:ジークフリートの家庭教師
ベンノ:ジークフリートの友人
道化

「白鳥の湖」あらすじ

「白鳥の湖」は序奏の他に第4幕までで構成されています。
結末や細部は版によって異なるため、ここでは、原点と言われるプティパ・イワーノフ版のあらすじをご紹介します。

序奏

オデットが花畑で花を摘んでいます。
そこへ、悪魔ロットバルトが現れ、オデットを白鳥に変えてしまいました。

通常はこの序奏が入ります。
でも、振付家や使用する版によって物語が変化することがあり、この部分が省くこともあります。

第1幕

王宮の前庭
今日はジークフリート王子の21歳の誕生日。
お城の前庭には王子の友人が集まり、祝福の踊りを踊っています。

そこへ王妃が現われ、明日の王宮の舞踏会で花嫁を選ぶよう、王子に言いました。

王妃にそう言われても、王子はまだ結婚する気がありません。
王子は物思いにふけり、友人たちと共に白鳥が住む湖へ狩りに向かいます。

第2幕

夜の湖を泳ぐ白鳥静かな湖のほとり。
湖では白鳥たちが優雅に泳いでいます。

月の光に照らされて、白鳥たちがたちまち娘たちの姿に変わっていきました。

その様子を見た王子は、娘たちの中でひときわ美しいオデット姫に惹きつけられます。
話を聞くと、オデット姫は、夜だけ人間の姿に戻ることができるというのです。

そしてこの呪いを解くためには、まだ誰も愛したことのない男性に愛を誓ってもらわねばいけないことを知ります。
王子はそのことを知ると、翌日の舞踏会にオデットを招きました。

第3幕

王宮の舞踏会
舞踏会には、世界各国から花嫁候補が招かれ、王子に自国の踊りを披露します。

そこへ、ロットバルトの娘・オディールが現われました。

妖艶で美しい彼女を王子は花嫁として選びます。
しかし、彼女はロットバルトが仕掛けたオデットに似せた女性でした。

一部始終を見ていたオデットは湖へ走り去り、白鳥達に王子の偽りを伝えます。

一方王子は、悪魔に騙されたことに気づき、嘆きます。
そして、急いでオデットの元へ向かうのです。

第4幕

もとの湖のほとり
破られた愛の誓いを嘆くオデットに王子は許しを請います。

そこへロットバルトが現われます。
王子は、敵わなくても良いと跳びかかり、激しい戦いが始まります。

激戦の末、何とか王子はロットバルトに勝利しますが、時既に遅く、白鳥たちの呪いは解けません。
絶望した王子とオデットは湖に身を投げて来世で結ばれます。

「白鳥の湖」は多くの演出家によってさまざまな版が存在します。
物語や登場人物、曲順などは版によって違いがあります。


「白鳥の湖」公演時間

公演時間は、約2時間半です。

「白鳥の湖」見どころを解説

オデットとオディール白鳥の湖の見どころは3つあります。

  1. ドラマ性
  2. 1人2役を演じきるプリマの演技力
  3. 白鳥たちのコール・ド・バレエ

ドラマ性

白鳥の湖は有名な作品ですが、ストーリーや解釈は版ごとに異なります。

そのため自分が観ている作品が、誰の感情がどのように動き、ストーリーがどのように展開していくのか、を比較していくと楽しいと思います。

1人2役を演じきるプリマの演技力

初演時は白鳥と黒鳥は別のプリマが演じていました。

その後、プティパ・イワーノフ版の初演時に、マリインスキー・バレエ団のプリマ、ピエリーナ・レニャーニが両方を演じ、1人2役が定着しました。

技術だけでなく物語や登場人物の心情に関する深い理解が求められます。

オデットとオディールの衣装は白と黒で、その色が象徴するように性格も対照的です。
プリマには高い演技力が求められます。

観る側は、プリマの白鳥と黒鳥の演じ分けを楽しめます。

白鳥たちのコール・ド・バレエ

白鳥たちのコール・ド・バレエ一糸乱れない群舞の踊りは、他のバレエ作品に比べても非常に美しいです。
群舞を堪能するために、敢えて2階や3階の席から鑑賞するバレエファンもいます。


「白鳥の湖」バリエーションの紹介と解説

今回は、各幕から1つずつご紹介します。

1幕 友人のパ・ド・トロワ

誕生日会の席で王子の友人達が踊るパ・ド・トロワです。
男性は彼の友人ベンノが務めます。

全体として明るく軽快なのが特徴。

第1バリエーションは、クラリネットのメロディから始まる、軽快ながら大人っぽい落ち着きを残した曲です。

第2バリエーションは、スタッカートの効いた、軽快な曲。
第1バリエーションより少し難易度は高いですが、どちらも初級〜中級の間ぐらいと言えるでしょう。

どちらのバリエーションでも、部分的に男性ダンサーとの掛け合いがあるのも特徴です。

こちらはマリインスキー・バレエ団の公演です。

2幕 オデット

呪いをかけられた白鳥のバリエーション。
スローテンポで静かな曲で、白鳥の儚さと悲しみが表現されています。
トウで立ってからポーズをとるので、きちんと立てないと難易度が高くなります。

ルルベアップ(※)のような基本的な動作を確実に習得しなければなりません。
背伸びからさらにポアントへ伸びます。

カラダの重心をより高い方へ引き上げるように動くことが大切。

さらに、美しい動作を身につけたうえ、物語への理解を深める必要があります。

※つま先立ちをするバレエの基本的な技術

こちらは、ザハロワによるバリエーション。
https://www.youtube.com/watch?v=krAzq7Bcmsk

3幕 オディール

言わずと知れた、32回のグラン・フェッテのあるグラン・パ・ド・ドゥのバリエーションです。
非常に難易度の高い踊りで、高いスキルが求められます。

バリエーション部分も回転のパから始まります。
全体的に、王子を誘惑するため、派手な振付けになっています。

白鳥の善良な儚さと反対に、黒鳥は自信に溢れ、人によっては見るものに妖艶さ挑発的な印象すら与えます。

アチチュードをしたまま、軸足のみトゥで立ったり降りたりするため、1つ1つのポーズの安定感が重要になります。

技術だけでなく、体力やスピードなどが高い次元で必要。
こちらは上級レベルのバリエーションでしょう。

参考動画はオデットと同じくザハロワ。
白鳥の違いも確認してみてください。

4幕 ディベルティスマン(各国の姫)

ディベルティスマンとは、物語と関係なく挿入される踊りのことです。
本作品では、王子の花嫁候補たちが各国の踊りを披露する部分が該当します。

元々は民族衣装を模した衣装で踊っていましたが、版によってはトゥ・シューズで統一されている場合もあります。

この部分の楽曲は、ゆったりと始まり、後半部で突然テンポが上がり盛り上がって終わる構成になっていることが特徴です。

今回は、参考動画として、マリインスキーとボリショイの2種類を交互に添えています。
マリインスキーの方が華やかで民族舞踊に近く、ボリショイの方がバレエとして振付け直しています。

スパニッシュ(スペイン)

エキゾチックなスパニッシュは、オディール登場の後に配置されることが大半です。
鈴の音が特徴的で、衣装としては、扇子を持つことが多くあります。

今回は、ロング丈のスカートを活かしてエレガントな振付けになったマリインスキー版を。
https://www.youtube.com/watch?v=Px5zh64FyyM

チャルダッシュ(ハンガリー)

哀愁を帯びた、バイオリンの流れるようなメロディと、伴奏のハーモニーが綺麗な曲です。
1つ1つのポーズを大切になぞるような振付けとなっています。
後半、テンポが上がって盛り上がってくると、バレエのパと言うよりもチャルダッシュ的な動きが増えていきます。

今回は、アレンジと振付けが好きだったボリショイ版を。

ナポリ(イタリア)

華やかな序奏に続き、コルネットがのどかな印象を与える楽曲です。
タンバリンを片手に持ち、時々打ったり振ったりするのが特徴です。
チャルダッシュ同様、曲の後半に向けてテンポが上がっていき、パも忙しなくなります。
このマリインスキー版では、中心に男性が1人いる珍しい構成となっています。
https://www.youtube.com/watch?v=OuyP_4wch7g

ルースカヤ(ロシア)

この曲は、後で追加されたため、踊られないこともあります。
しかし、チャイコフスキーのお気に入りの曲とも言われ、別の作品にも収録されています。
バイオリンを基調とした、物悲しくもどこか楽しそうな曲です。
後半のアップテンポな部分では手打ちも入り、一層もりあがります。

動画は、ロシア的な冠がバレエの衣装としては珍しいボリショイ版。

マズルカ(ポーランド)

出だしから華やかで力強い曲です。
中盤の曲調が穏やかになる部分では、男女のペア4組で次々と変化するフォーメーションが魅力です。
他の曲と異なり、華やかな曲が一度落ち着き、序盤より速いテンポでまた力強いメロディに戻ります。

こちらは、最初から男女8名で踊るマリインスキー版。
https://www.youtube.com/watch?v=HLpwSjnEi60

バレエのバリエーション難易度別一覧と見どころ【初心者向けも紹介】

11月 20, 2017
ミキコ
長いので記事を2分割にしました。
続きを読むときは、下の「次のページへ>>」をクリックしてくださいね。

多くの版が作られた「白鳥の湖」

トウシューズを履こうとしているオデット役のバレリーナ冒頭から触れてきたように、白鳥の湖には、多くの亜流があります。
それはこの作品の深さを示唆しているとも言えます。

ここでは、代表的な版を順にご紹介します。

  1. プティパ・イワーノフ版
  2. セルゲイエフ版
  3. ゴールスキー版
  4. グリゴローヴィチ版
  5. ブルメイステル版
  6. バランシン版
  7. ヌレエフ版
  8. ノイマイヤー版
  9. マシュー・ボーン版

1) プティパ・イワーノフ版

「白鳥の湖」の原典と言われるこの版は、不評だった初演を、マリインスキー劇場のプティパとその弟子・イワーノフが大幅に改訂したものです。

いわば、「白鳥の湖」を大成功に導いた版で、今も多くの版がこのプティパ・イワーノフ版を基にしています。
特に2幕は、ほぼ改変されていない場合が殆どです。

ここでの結末は悲劇的で、ロットバルトの呪いは解けず、永遠の世界で結ばれることを願って王子とオデットは湖に身を投げます。

2) セルゲイエフ版

プティパの改訂版で、マリインスキー劇場バレエ団で上演されています。

こちらはハッピーエンドになっていて、オデットがとどめをさすことで、ロットバルトを倒します。

3) ゴールスキー版

ボリショイ劇場で当初上演されていた版です。
プティパ・イワーノフ版よりもスピーディでスッキリした構成になっています。初めて登場人物に道化を導入したことでも知られます。

日本では、東京バレエ団(*)もゴールスキー版で上演していました。
この版はハッピーエンドで、オデットは人間の姿に戻って結ばれます。

*なお、東京バレエ団は、「白鳥の湖」の日本版を初めて上演したバレエ団です。
終戦直後の1946年、会場は、東京の帝国劇場でした。
当時はまだ亜流が無く、世界の初演版、またはプティパの蘇演版だったそうです。

4) グリゴローヴィチ版

ゴールスキーの流れを汲み、ボリショイ・バレエ団が現在上演しています。
この版では大きな三羽の白鳥が挿入され、民族舞踊をトゥ・シューズの踊りに変更しています。

最大の特徴は、王子の葛藤が描かれていることで、ストーリーも王子視点で改変されています。
クライマックスが2幕1場に移り、ここで王子はオディールに求愛するのです。

さらに2001年の新改訂版の結末は、かなり悲劇的です。
オデットは死んでしまい、ジークフリードが絶望の淵に呆然と佇むのです。

5) ブルメイステル版

パリ・オペラ座の初演で採用された版で、ロシア人振付家が原曲に立ち返って再構成しました。
この版は、原曲に基づいてストーリーを明確にし、ドラマ性を強めています。
また、3幕に見られる民族舞踊の踊り手が、実は全員ロットバルトの手先だった、という斬新な展開にしています。

結末はハッピーエンドで、オデットは人間に戻ることができます。
なおこの版は、今年から東京バレエ団でも採用されています。

6) バランシン版

ニューヨークシティバレエで上演されている、コンテンポラリーの要素を組み入れたものです。
1幕編成に短縮されたバージョンも存在します。

他の版との大きな違いは、白鳥以外は黒鳥であることと、衣装が膝丈のチュチュになっていることです。
(*多くの場合、群舞もパンケーキ・チュチュが使用されます)

結末は悲劇的で、王子だけが湖畔に取り残されます。

7) ヌレエフ版

現在、パリ・オペラ座で上演されています。
ヌレエフは、本作の物語が王子の周辺で動くため、王子の物語だと考えました。

そのため、王子の心理描写を明確に描いています。

結末は、悲劇で、最後はロットバルトがオデットを連れ去ります。

8) ノイマイヤー版

白鳥の湖のように」と題され、「白鳥の湖」をモチーフとした新しい作品になっています。
この版は、王と婚約者の恋愛物語が現実の世界であり、王の夢や幻想として、「白鳥の湖」のシーン、ストーリーが展開されます。
「白鳥の湖」が劇中劇になっているのですね。

9) マシュー・ボーン版

男性だけのバレエ団、マシュー・ボーンを世に広めた作品といっても過言ではないでしょう。
本作は、同性愛を描いたコンテンポラリーとして作られ、ストーリーは原典と全く異なります。
バレエ作品としては珍しく、ブロードウェイに進出し、トニー賞で3冠を達成しました。

それぞれの版の比較表

版名主な上演バレエ団特徴・来歴結末結末の詳細
プティパ・イワーノフ版マリインスキー劇場原典悲劇死後結ばれることを願い、湖に身を投げる
セルゲイエフ版マリインスキー劇場プティパ改訂版ハッピーエンドオデットのとどめでロットバルトを倒す
ゴールスキー版ボリショイ劇場、東京バレエ団道化役を導入
スピーディーな展開
ハッピーエンドオデットは人間の姿に戻り、結ばれる
 グリゴローヴィチ版ボリショイバレエ団ゴールスキー改訂版
王子の葛藤を描く
大きな三羽の白鳥挿入
民族舞踊をトウ・シューズ用にアレンジ
悲劇オデットが死に、ジークフリード王子が絶望する
ブルメイステル版パリ・オペラ座ストーリーが明確で、ドラマ性が強いハッピーエンドオデットは人間の姿に戻り、結ばれる
バランシン版ニューヨークシティバレエオデット以外は黒鳥
黒鳥の衣装が膝丈のスカート
悲劇ジークフリート王子だけが湖畔に取り残される
ヌレエフ版パリ・オペラ座王子の物語として、王子の心理描写を丁寧に描く悲劇ロッドバルドがオデットを連れ去る
ノイマイヤー版白鳥の湖は劇中劇
マシュー・ボーン版マシュー・ボーン同性愛を描いたコンテンポラリー



「白鳥の湖」音楽の魅力を解説

チャイコフスキー「白鳥の湖」は、ボリショイ劇場から依頼されて作った、チャイコフスキーにとって初めての上演されたバレエ音楽でした。

しかし初演までにも、その後も削除された楽曲があります。

「白鳥の湖」は見てきたように多くの版があり、改訂版の製作や原典に戻っての再解釈が繰り返されてきています。

そのためバレエ団が採用する版によって、主要な曲は共通していても、細部で異なる楽曲やシーンは異なっていることがあります。

また「眠れる森の美女」同様、クラシックコンサートで上演される場合には、以下の6曲からなる、演奏会用の組曲が用いられます。

  1. 情景(2幕)
  2. ワルツ(1幕)
  3. 白鳥の踊り(2幕)
  4. 情景(2幕)
  5. ハンガリーの踊り(3幕)
  6. 情景・終曲(4幕)

これら6曲について見ていきましょう。

1 情景(1幕)

白鳥の湖といえば、これ、というほど有名な主題歌。
オーボエから始まるもの哀しげなメロディが、次第に大きくなっていきます。
そして、盛り上がっていき、1幕のジークフリートの誕生日会へと繋がっていきます。

2 ワルツ(1幕)

誕生日会で村娘たちが踊る、弦楽器によるワルツ。
流れるようなメロディがチャイコフスキーらしいですね。

途中で転調したり、音の厚みを変えながら様々なメロディを展開させ、最後は最初のメロディに戻ったりと、変化に富んだ1曲です。

3 白鳥の踊り(2幕)

有名な4羽の白鳥の曲です。
細かな音の粒で構成され、リズミカルながら寂しさを漂わせています。

4 情景(2幕)

2幕の最初と終わりに使用されています。
幻想的なハープの音から始まり、次第にダイナミックになっていきます。

そしてクライマックスでは悪魔を暗示する音が入り始めます。
「白鳥の湖」のストーリー展開を押し進めるドラマティックな曲です。

5 ハンガリーの踊り(3幕)

バリエーションでお話ししたので、割愛します。

6 情景・終曲(4幕)

少しアップテンポに始まる1曲目の情景のリプライズです。

ここでは、王子、白鳥、ロットバルト3者の感情が順番に表されていき、ストーリーも音楽も最高潮に盛り上がります。

「白鳥の湖」衣装の特徴を解説

パンケーキ・チュチュを身に着けたバレリーナたち「白鳥の湖」では、白鳥及び黒鳥はパンケーキ・チュチュを着用します。
オデットは、もちろん純白で、頭の両側に羽飾りをつけます。

対するオディールは、真っ黒ですが、バレエ団によって、金や赤の差し色が入って妖艶さを演出します。
また、オデットのような羽飾りではなく、ティアラをつけています。

オデット以外の白鳥は、基本的にオデットと同じで飾りが少ないものになっています。

一方で、白鳥以外の人間たちは、スカート丈が膝丈以上のものが多い印象です。
(もちろん、バレエ団によって異なることは言うまでもありませんが)

1幕のジークフリードの友人たちは、膝丈の衣装で、貴族らしい、優雅なデザインになっています。
また、3幕では、各国の姫たちがそれぞれの民族衣装を模した衣装をきています。


「白鳥の湖」オススメDVD・Blu-rayの紹介

ボリショイ・バレエ

圧倒的な表現力を誇るザハロワの白鳥は必見です。

熊川哲也 白鳥の湖 2003

ポニーキャニオン
¥5,748 (2021/07/24 10:28:29時点 Amazon調べ-詳細)

日本人で見るなら、この方だと思います。
白鳥と黒鳥がWキャストになっています。

チャイコフスキー:バレエ《白鳥の湖》2007

伝統のマリインスキー劇場バレエ団のも必見です。

よくある質問に答えます。

オディールの衣装を身に着けたバレリーナ

瀕死の白鳥って何?

同じ白鳥なので混同されやすいのですが、「白鳥の湖」とは全く別物です。

音楽は、サン・サーンスの「動物の謝肉祭」に含まれる「白鳥」です。
ミハイル・フォーキンが1907年にアンナ・パブロワのために振り付けました。

パブロワの代表的な作品となり、彼女の死後20年間、誰も踊ることがありませんでした。

その後、振り付けを変えてマイヤ・プリセツカヤが踊り、パブロワに続いて自分の代表作となりました。

なぜロットバルトはオデットたちを白鳥に変えたの?

実は初演版では、オデットが白鳥になってしまう理由がありました。
家の事情などが影響していたそうです。

しかし、プティパ・イワーノフ版で改訂する際、話が冗長になるため、ロットバルト(悪魔)に姿を変えられた、と単純化しました。
そのため、ロットバルトが呪いをかけた明確な理由は描かれていません。

結末がハッピーエンドと悲劇の2種類あるのはなぜ?

元々は悲劇として作られたようです。
ただし、解釈が加えられ、ストーリーや楽曲が増減し改訂されていく内に、様々な結末ができました。

特にロシア系の流れでは、改訂される内にハッピーエンドになっていたそうです。

今ある結末は、厳密に言えば、2人が結ばれないもの、現世で結ばれるもの、死後に結ばれるものの3種類です。

死んでしまうと悲劇、と捉えられがちですが、そうとも言えない演出もあり、結末の表現次第なところがあります。

まとめ

長くなりましたが、「白鳥の湖」いかがでしたか?

最後の豆知識ですが、実は白鳥は求愛のダンスをしないそうです。

求愛のダンスをするのはツルだそうですが、真っ白なツルがロシアにはいなかったため、モチーフとして白鳥が使われたと言われています。

もしツルが用いられてタイトルが「鶴の湖」になっていたら、随分印象が変わってしまいますね。