2019年東京で行われるオススメのバレエ公演を3つ紹介します。




2019年東京で開催されるバレエ公演でおすすめの公演はたくさんあります。

わたしのオススメ公演を3つ紹介します。

NBAバレエ団久保紘一版「白鳥の湖」

その中でも3月2日と3日に開催されるNBAバレエ団久保紘一版「白鳥の湖」はおすすめです。

チャイコフスキーの3大バレエの中で最も歴史があり、有名な「白鳥の湖」が松山バレエ団/バレエ学校のクラシックバレエ公演で上演されるのです。

この新「白鳥の湖」は古典バレエ時代の代表作であるとともに、現代でも絶えずインスピレーションを与えるものとして芸術家たちに愛されている作品でもあります。

この作品はこれまで多くの演出や改訂などが重ねられており、松山バレエ団では1994年に新「白鳥の湖」として生まれ変わったのです。

魔王フォンロットバルトと皇女オデットと運命的に出会ったジークフリード王子がロットバルトの策略に遭いながらも死を賭けて魔王を滅ぼしオデットとの愛を貫くのです。

オデットとじーくフリードが愛を貫こうとする凛とした姿は多くの人々の心に残るのです。

チャイコフスキーの音楽にある壮大で豊かな抒情性が華やかなバレエの舞台とともにダイナミックな世界観を通して表現されているというのがこの舞台の見どころといえます。

こうしたスケールの大きなストーリーを美しいバレエの舞台とともに楽しめます。

「Dance Speaks」という公益財団法人スターダンサーズ・バレエ団

3月30日と31日に開催されます。

この公演では2005年以来の再演となるといわれる「緑のテーブル」を含む演目が披露されます。

まず、「ウェスタン・シンフォニー」という19世紀のアメリカ西部の開拓時代が舞台となったバレエダンスを楽しむことができます。

この演目は、4楽章から構成され、その中でバレエの伝統的技法が駆使され、アメリカのフォークソングが用いられたフォークダンスの要素が巧みに表現されているというのがみどころだといわれています。この演目は軽快なリズムと躍動感などで楽しめるといわれているのです。

また、「緑のテーブル」はクルト・ヨースがナチスの迫害から逃れながら創作したといわれている作品が元になったものです。

マスクを身に着けた黒い礼服の男たちが緑のテーブルに集まって会議を行っているところから始まり、銃声の響きや戦争を背景に繰り広げられる兵士や女性たちのドラマがあるのです。

この「緑のテーブル」は1932年に初演され、反戦をテーマとして創作されています。
この作品が伝えるとても強烈なメッセージはそれから80年以上が経ってもとても鮮烈です。

ダンスは何を語るのでしょうか。

この大きな見所は身体表現の幅が堪能できる珠玉のダブル・ビルといわれており、スターダンサーズ・バレエ団がレパートリーに有するこれらの2つの作品を楽しむことができるのです。



新国立劇場バレエ団「ロメオとジュリエット」

さらに、新国立劇場バレエ団が10月19日から27日まで上演する「ロミオとジュリエット」にも注目です。

この物語はイングランドが生んだ最も偉大な戯曲家であるシェイクスピアによって400年以上前に書かれました。

この戯曲は演劇をはじめオペラやダンス、そしてバレエなどで演じられてきており、今も人々の心を捉えています。

バレエダンサーたちが伝える永遠の悲恋物語には期待が集まります。

この演目ではイングランドの革新的な振付家としてよく知られるケネス・マクミラン氏の最もよく知られた演目だといわれているのです。

1965年にイギリスのロイヤル・バレエで初演され、バレエダンサーの身体表現によって登場人物の心理が表現されたドラマティックな振り付けなどが高く評価され、物語バレエとしても大いに注目されてきたのです。

同時に、繊細で豊かな音楽とマクミラン氏の振付が調和し、原作の悲劇性を克明に描き出しているといわれています。

また、この作品はこのバレエチームによって2001年10月に初演されて以来、再演が繰り返されてきた人気の高い演目。

このバレエの演目は、ダンサーたちの高い表現力や技術力が必要とされるといわれています。
こうした点にしっかりと答えた踊りを披露してくれるダンサー陣が揃っていますので、その辺りをチェックしてみてはどうでしょうか?

まとめ

今回ご紹介した公演は一部ですが、2019年に東京で開催されるバレエ公演では様々な団体に所属するダンサーたちのすてきな踊りを楽しむことができます。

ドンキホーテやアラジン、くるみ割り人形といったよく知られたストーリーが数多く上演される予定になっています。
こうした見所や楽しみがある2019年の東京でのバレエ公演は早めのチケット予約がオススメ。

このように、2019年東京で開催されるバレエ公演はたくさんあり、白鳥の湖や緑のテーブル、ロメオとジュリエットなど、よく知っている物語などがバレエで楽しめるようになっているのです。

見どころや楽しみ方なども様々ありますのでいろいろとチェックしてみましょう☆



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、ミキコです。 小学1年生〜高校2年生までバレエを習っていました。 一旦はやめたものの20代半ばで再開し、今は週3回レッスンを受けています。 バレエの面白さをもっと知ってもらうために、このブログを書いています。