大人バレエの発表会の参加に迷う。費用、辞退の場合の断り方について解説。




バレエは大人になってからも楽しむことできる趣味ですが、日ごろ練習してきたバレエの技術を見せることができるのが発表会です。

バレエの上手な人のための公式な大会とは異なって、こうした発表会は、バレエの好きな人ならば誰でも気軽に参加できるという良さがあります。

そのために、バレエ教室の規模に限らずに、多くの人が通っているような大規模な教室から、少人数の小さい教室まで、こうした生徒のための発表の場所を設けています。

こうした発表会は生徒のためのよい刺激にもなっていて、人前で自分の技術を見せるために、日ごろから練習に精を出している人も多いですが、そうしたことは子供だけでなく大人にも共通しています。

発表会へ参加することの感じ方は人それぞれ

大人バレエの発表会は、大人になってからバレエを始めた人にとっても大きな楽しみの一つです。
日常生活では味わうことができない喜びを、人前でバレエを見せることで味わうことができます。

ですが大人バレエの場合には、せっかく教室で発表会が行われる場合でも、参加することに躊躇している人が多いこともよくあります。

バレエを練習するのは好きだけど、発表会に出ることにためらいを感じている人も少なくありません。

そうした感情については人によってもさまざまな理由があり、まだ習い始めたばかりなので自分の技術に自信がもてないので、人前で踊るのが恥ずかしいという人もいます。

その一方である程度上達しているにも限らずに、参加を躊躇している人もいます。
そうした人の中にはいい役がもらえなかったので、出ないと考えているようなケースもあります。

いずれの理由にせよ、習っている教室で開催される発表会では、基本的に全ての生徒が参加できるように配慮しているので、出演したくない場合には、講師に断りの返事をする必要があります。

出たくないから出ないと簡単に言えればいいのですが、大人どうしの場合には実際にはそのように簡単にいかないことも多いのも現実です。

教師と生徒という立場とはいえ、できるだけ人間関係を悪くしたくないために、不本意ながら発表会に参加する人も多くいます。



発表会の上手な辞退、断り方

できるだけ教室内の人間関係を悪くしないためには、参加を断る場合にも、上手な理由をつけて断ることが重要です。

「いい役がもらえないから出ない」というようなことをそのまま口に出してしまうと、相手からも自分勝手な人間と思われてしまい、教室に通いづらくなってしまいます。

そのためにできるだけ相手を不快にしないような理由をあげて、辞退の返事をすることが重要です。

人間関係を悪くしない辞退の理由としては、「まだ技術が十分についていないので、発表会を台無しにしたくない」というものがあります。

こうした理由で参加を断ることのメリットは、自分のためではなくて、発表会に参加するほかの生徒のことを考えて、辞退するという考えを相手に伝えられることです。

自信をもてない人に無理に参加させることはできないので、比較的スムーズに参加を断ることができます。

たとえいい役がもらえないと思って参加を辞退する場合でも、このような理由をつければ、相手からも自分勝手だという悪い印象を受けることはありません。

実際にこうした教室レベルで開催される発表会では、生徒のレベルに合わせて配役が決定されることがよくあります。

教室に昔から通っていてキャリアの長い人が主役などの重要な役割を任せられることが多く、また日ごろから練習に熱心で高い技術力を持っている人が主役に抜擢されることもあります。

それ以外にも、講師の考えによってさまざまな理由で配役は決定されますが、バレエの技術によって役が決められる以外にも、生徒のルックスなどによっても配役が決められるケースも存在もします。いずれにしても、発表会が盛りあがるようにこうした役の配分は決められていきます。

まだ習い始めたばかりの人や、技術が十分でない人の場合には、主役の後ろで踊る役が与えられる場合がよくあります。

こうした役柄は集団で踊ることが多いので、舞台の上で失敗をしても目立ちにくいというメリットがあります。

そのためにバレエを習い始めたばかりの人でも気軽に参加することができます。その一方で目立ちたいと考えている人にとっては、こうした役を与えられることは参加を辞退する原因にもなっています。

辞退した場合の参加費の支払いはどうなる?

教室で開催する発表会を辞退する場合に考慮しなければいけないのが参加費の問題です。

発表会を行うためには予算が必要なので、生徒から参加費を集めて行うのが一般的です。生徒一人につき数千円から一万円程度の参加費が一般的ですが、こうした費用は開催する施設の使用料金などにあてがわれています。

辞退をする場合には、当然こうした参加費を払う必要もなくなるのですが、場合によっては参加しなくても費用を支払わなければいけない場合もあります。

生徒に公平に費用を分担させるためにこうした方法がとられることもありますが、このようなケースでは素直に支払ったほうが賢明です。
多少の出費があっても、教室での人間関係を良好に保つことができます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、ミキコです。 小学1年生〜高校2年生までバレエを習っていました。 一旦はやめたものの20代半ばで再開し、今は週3回レッスンを受けています。 バレエの面白さをもっと知ってもらうために、このブログを書いています。