Kバレエスクールの口コミや評判、特徴などを調べてみました。




Kバレエスクールの大人クラスは「BALLET GATE」という名前で運営されています。

あの熊川哲也さんが芸術監督をしているKバレエカンパニーに併設される大人バレエスクールです。

今回はそんなBALLET GATEの情報をじっくりご説明していきたいと思います。

BALLET GATEのクラスがあるスタジオは、全部で5つ

東京の恵比寿・吉祥寺をはじめ、横浜、大宮(埼玉)、福岡と、結構幅広く展開されています。
スタジオはどこも広くて綺麗で生ピアノがある、とても豪華な設備になっています。

気になる料金体系は、チケット制

チケットのお値段

1回券が2,900円で、回数が増えるごとに割安になっていきます。

5回だと13,500円(1回あたり2,700円)、10回で26,000円(1回あたり2,600円)、15回で36,000円(1回あたり2,400円)、20回で42,000円(1回あたり2,100円)。

U39割がスタート

2019年4月から39歳までの方を対象としたU39割がスタートしました。
平日夜19:40〜21:40のバレエクラスを月額10800円で受け放題とのこと。

該当する方にはうれしいお知らせですね(*^^*)

最初は入会金が必要

入会金は、会員ステータスによって異なっていて、ホーム会員の10,000円か、グランド会員の30,000円から選ぶことができます。

違いは、ホーム会員は自分が決めたスタジオのみ通えるのに対して、グランド会員では全5スタジオを自由に受けることができます。

途中で変更することもできるので、まずはホーム会員からのスタートがオススメ。
理由はスタジオ数が少ない割に、全国に幅広く別かれているので、よっぽど出張が多い方だとかでないとホーム会員で十分かな、と感じます。

関東圏で、スケジュール的に2つ以上のお教室に通いたい!という方は、グランド会員でももちろん大丈夫。

入会するときは、身分証明書、顔写真、入会金、レッスン料、印鑑の5点が必要になるので、入会を決めたら忘れずに持っていきましょう。



クラス分けについて

Kバレエのクラスは、かなり細かく分けられているので、超初心者の方でも安心です。
クラスはビギナーズコース、ビギナーズオープン、基礎、基礎・初級、初級・中級、中級・上級、上級の全7クラス。

上級クラスはオープンクラスで、外部からもビジターとして受講することができます。

バレエが全く初めてという方は、ビギナーズコースから始めてみましょう。

ビギナーズコースには、初心者向けの「ビギナーズ13回コース」というものも用意されており、こちらは予約が必要ですが、一人の先生が13回すべてのレッスンを担当してくれます。

なので、生徒さんのレベルも毎回きちんと把握してくれているし、メンバーも毎回同じで、集中してバレエを学ぶことができます。

13回のレッスンが終わった後は、オープンクラスを受けられるくらいにレベルが上達するプログラムになっています。

しっかり一からバレエを学びたい方は、こちらのコースがお勧めです。

また、上記の通常のクラスに加えてさらにポワントのクラスも3種類用意されています。
ポワントビギナーからクラスがあるので、全く初めてのポワントでも安心。
ポワントの履き方など、一から教えてくれます。

Kバレエのクラスの醍醐味は、なんといっても豪華な教師陣

Kバレエのプリンシパルからバレエを教えてもらえるなんて素敵ですよね。

ちなみにKバレエでは、「Kバレエスクールティーチャーズ・トレーニング」という教師養成制度があり、BALLET GATEで教えている先生たちは全員このコースを修了しています。

なので先生たちはしっかりとバレエと指導の知識があるため、「日本のバレエ教師は資格不要で誰でも教えられるから、先生が正しく教えてくれるかどうか不安」、または「今までに先生の教え方に不満を持った経験がある」という方には安心してオススメできるバレエスタジオです。

BALLET GATEの口コミ

では、実際にBALLET GATEでレッスンを受けている方の口コミをのぞいてみましょう!

20代女性
Kのスタジオはダンサーの脚に優しい床や生ピアノなど設備が整っている。
入口には熊川哲也さんの写真が飾られており、ファンにはたまらない。

先生のほとんどがKバレエの現役ダンサーで、見事なお手本が見られる。

基礎はしっかり、細かい注意もしてもらえて、全体的に明るく、元気が出るレッスン。
中級以上のクラスだと、現役ダンサーと一緒にクラスを受けられることも!

口コミを見ていると、全体的に、熊川さんやKバレエカンパニーのファンである方がクラスにたくさん通っていられるようです。

入会金は少し高めですが、通いやすい場所柄と豪華な設備のことを考えれば納得できる気がします。

また、Kバレエには発表会がありますが、こちらも至れり尽くせりの豪華な内容。
衣装は採寸から行い、たった一つのオリジナル衣装を作ってもらえます。

そして、舞台前にはメイクの講習会、約25回にわたるリハーサルなど、本番に向けて手厚いサポートが盛りだくさん。

バレエを全く知らなかった人でも、これだけのサポートがあれば安心して舞台に立つことができますね。

まとめ

ミキコ
BALLET GATEに興味が湧いてきましたか?

興味がある方は、公式ホームページから無料で資料請求ができるので、まずはパンフレットを取り寄せてみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、ミキコです。 小学1年生〜高校2年生までバレエを習っていました。 一旦はやめたものの20代半ばで再開し、今は週3回レッスンを受けています。 バレエの面白さをもっと知ってもらうために、このブログを書いています。