【バレエのシャンジュマン】意味は?踊るコツを調べてみました。動画あり




いろは
シャンジュマンって楽しいよね。
わたし好き(#^^#)
ミキコ
足の甲やつま先まで、ピンと伸びたシャンジュマンは美しいわね。
シャンジュマンは、5番ポジションから両脚でふみきり、足を入れ替えて着地します。

ただ単にジャンプして足を交差するだけではなく、その入れ替え方にはいくつかのポイントがあるので、覚えておきましょう。



シャンジュマンの意味は?


ミキコ
シャンジュという単語は、「変更する」という意味を持っています。

シャンジュマンの正しいやり方は?

女性が使うシャンジュマンは、主に「プティ・シャンジュマン・ドゥ・ピエ」です。

この名称はふだん使用しないので特に覚えなくてもよいですが、やり方はしっかり覚えましょう。

しっかりプリエで力をためる

プティとは、小さいという意味なので小さなシャンジュマンということになります。

小さなジャンプでも、軽やかにみせるためには、最初のふみきりのプリエは柔らかくしっかり行います。

また、シャンジュマンは連続して飛ぶことが多いパです。
カクカクとしたぎこちないプリエでは連続したシャンジュマンは絶対にできません。

プリエの柔らかさがとても重要になります。

空中でしっかり足を伸ばす

空中では、膝・つま先をしっかりと伸ばし、その状態を見せることが大切です。

膝とつま先が伸び切っていないシャンジュマンは、ぼんやりした印象になってしまいます。

足を入れ替えるのは、着地のとき

バレリーナの足元プティ・シャンジュマン・ドゥ・ピエでは、足の交差するタイミングは着地の瞬間です。

空中で脚を入れ替える動作を見せるように思っている人も多いのではないでしょうか?

実際は、空中でススーの形をしっかり見せたあと、着地するときに足を入れ替えて5番ポジションにもどります。

グラン・シャンジュマン・ドゥ・ピエ、というシャンジュマンもあります。

こちらは、プティとは足の入れ替えるタイミングが違います。
空中のジャンプ中に足を入れ替える様子をしっかり見せるシャンジュマンです。

バレエをよく鑑賞する人なら分かると思いますが、男性のシャンジュマンは女性のシャンジュマンと印象が違います。

ジャンプが非常に高く、足を交差するのがはっきりと分かるシャンジュマンをしていますね。

これが、プティシャンジュマンとグランシャンジュマンの違いです。
通常、女性は使用しないと思ってよいでしょう。

シャンジュマンを上手に踊るコツ

休憩しているバレリーナシャンジュマンを上手に踊るには、腹筋の引き上げがとても大事です。

バレエでは常に腹筋を意識して体を引き上げるのですが、ジャンプのコツとしても意識しましょう。

軽やかにみせるためには、着地のときにしっかり体を引き上げていなければなりません。

連続のシャンジュマンやスーブルソ、アレグロのアンシェヌマンになると、スタミナが必要になり体力をとても消耗します。

疲れてくると着地で力が抜けてしまうため、ドシンドシンと音が出てしまうことも多いです。

これを防ぐには、お腹まわりの筋肉でしっかり上体を支え、着地の衝撃を和らげることが必要です。

また、引き上げようと意識すればするほど、上半身に力が入ってしまいがちです。
肩が上がったり、手のポジションの形が悪くなったりすることもあるのでは?

お腹周りの筋肉にはしっかり力を入れますが、胸から上や腕の力は抜いてリラックスします。
胸をしっかり開き、上向きに張るよう意識することも大切ですね。

足の動きは、つま先をしっかり伸ばし、つま先→ゆび→かかとの順で着地するよう気を付けましょう。

つま先からの着地は、音を立てず静かに着地することに繋がります。
ジャンプはそれほど高くなくてよいので、静かに軽やかに飛べるようにしてみましょう。



つま先まで伸びない!シャンジュマンやカトルをしっかり伸ばすコツ

シャンジュマンの応用でよく使われるパに、アントルシャカトルがあります。

シャンジュマンの要領でふみきり、空中で足を一度入れ替え、同じ5番ポジションの形に戻るパです。

つま先まで伸びない原因

右足前の5番ポジションからはじまったら、着地は同じ右足前になります。
つまり、空中で足を一往復させるということです。空中の足は、必ず1番を通過させることが大切です。足が交差する瞬間は、両方のかかとがかるく触れさせてください。

そうすることで、すっきりスマートなジャンプになります。足の間が空きすぎると、足をよりたくさん動かすことになってしまうので、必ず1番ポジションを意識して跳びましょう。アントルシャカトルでの足の動きはシャンジュマンの2倍になるので、より高くジャンプしなければなりません。

また、空中でパタパタと足が交差する様子が見えるので、その素早い動きもポイントです。シャンジュマンでも足の伸ばし方が重要と言いましたが、アントルシャカトルではもっともっと重要です。
空気の抵抗を少なくするためにも、足を一直線で細くみせるように飛びましょう。

足が伸ばしきれない理由は、ふみきりの力不足にもあります。

しっかり床を蹴ってジャンプすると、つま先にも強い力が加わります。
その力の余力を利用して、床方向をつま先で指さすようなイメージをもってみてください。

単純に足を伸ばそうと考えるのではなく、一連の動きの流れを意識することがきれいな足の伸びにも繋がります。
参考までに、ジゼルの第2幕の精霊たちや、白鳥の湖の有名な曲「4羽の白鳥」を見てみてください。


シャンジュマンやカトルの連続技が使われていることが多いので、イメージトレーニングに役立つでしょう。

特に、アントルシャカトルは繊細で軽やかな印象のあるパです。
小さな小鳥が、パタパタと小さく羽を動かすようなイメージをもってみましょう。

アントルシャシスができるようになるには何をすればいい?

シスとは、フランス語で数字の6を指します。
足を空中で3回交差させることをアントルシャシスと呼びます。

アントルシャカトルは、足の移動が1往復ですが、シスになると3往復になります。

どうしてシスが6なのに交差は3回かというと、空中で足を交差する瞬間に通る1番ポジションもカウントされるためです。

この1番ポジションでは、両脚のかかとどうしが若干くっつきます。
足のポジションが、6つの過程を通るという解釈なのです。

女性がアントルシャシスを踊ることはほぼなく、男性ならではのパであると言えます。

ポアントできれいにシャンジュマンをする方法を教えます。

ポアントと薔薇と楽譜ポアントをはくと、一気に細かいジャンプのパは難しくなります。
つま先の伸ばし方も、プリエの足への意識も、バレエシューズとポアントでは全く違います。

それに、そもそもポアントはバレエシューズよりずっと重いので、その分ジャンプも大変ですね。
私の場合、ポアントで連続のシャンジュマンをするときは、若干ルルべでプリエしています。

プリエはかかとまでしっかりつけて…と教わるかと思いますが、ポアントでの連続シャンジュマンでは勝手が違います。

あまりにもかかとが浮いているとおかしいですが、少しルルべするようなイメージをもって飛んでみると、軽やかさがでるのではないでしょうか。

また、ポアントでのシャンジュマンはつま先を伸ばす力を強くしなければなりません。

ポアントはバレエシューズよりも、つま先が伸びていることを表現しにくくなります。
さらに、美しい足のラインを出すには、足の甲を出すストレッチも効果的です。

ポアントを履いていない状態で、以下のストレッチ方法をやってみましょう。

足の甲を出すストレッチ方法

  1. 両脚を伸ばして座ります。
  2. 片足を曲げ、片方の膝や腿など、手の届く位置にのせます。
  3. 足の甲からつま先にかけて手をかけ、力をかけて押します。
足の甲を柔らかくするストレッチで、レッスンの中でも取り入れられることがあります。

甲の形は個人差があり、しっかり出る人と出にくい人といます。

しかし、ストレッチを繰り返し行うことで、足の甲も柔軟性を発揮するものです。

つま先の伸び方が変わり、ポアントでのジャンプでも美しい足のラインが出るようになりますよ。

最も基本的なシャンジュマンをしっかり習得しましょう。

シャンジュマンは、小さなジャンプの基本中の基本のパです。
正しく覚えることで、他のパにも応用することができ、上達も早まります。

簡単そうに見えても、アレグロで実際に踊ってみるととても疲れるし難しいですね。

各体の部分をしっかり意識して、美しく軽やかなシャンジュマンを習得していきましょう!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、ミキコです。 小学1年生〜高校2年生までバレエを習っていました。 一旦はやめたものの20代半ばで再開し、今は週3回レッスンを受けています。 バレエの面白さをもっと知ってもらうために、このブログを書いています。