バレエシューズの正しい選び方ガイド【大人初心者向け】




ミキコ

こんにちは、ミキコです。
バレエシューズってたくさん種類があって、どれを選べばよいか迷ってしまいますね。

今回はバレエシューズの正しい選び方を解説してみました。
ぜひ参考にしてくださいね。

バレエシューズにはさまざまなタイプがあります。
大人からバレエを始めた初心者の場合、どんなバレエシューズを選んだらよいでしょうか?

いくつかのポイントをまとめてみました。

バレエシューズの選び方を大人初心者向けにわかりやすく解説

バレエシューズは4タイプあります。
  1. 前皮タイプ
  2. 布タイプ
  3. 全皮タイプ
  4. サテンタイプ

前皮タイプ

シューズの土踏まずからつま先にかけての前側の部分が、でできています。

足先が最も摩擦しやすく傷みが早いので、足先部分が皮でできているものは耐久性に優れています
皮は布よりも滑りにくいため、安定感バッチリ。

布タイプ

全面布を使用したバレエシューズです。
足馴染みもよく、軽くて扱いやすいので、初心者やお子様におすすめ。

床の素材を選ばず使えるのもメリットのひとつです。
ただし耐久性は皮よりも弱めになります。

全皮タイプ

全部皮でできたバレエシューズです。
耐久性バツグンなので、たくさんレッスンする人やプロの方に愛用者が多いです。

サテンタイプ

ぴかぴかと光る、サテン素材でできたバレエシューズです。
主に、発表会や舞台用として使われます。
とてもきれいですが、普段のレッスンで使用している大人の方はいません。

大人初心者の方におすすめなのバレエシューズは?

前皮タイプか布タイプのものです。
その中でも、軽くて足の馴染みがよいのは布タイプになります。

個人的な好みもありますが、皮は滑りにくく安定感がある一方、床に足が引っかかりやすいという点もあります。

足の基礎的な使い方や動かし方を習得するまでは、足をよりスムーズに動かすことのできる布製のバレエシューズがよいでしょう。

固定用のゴムについて
もともと1本ついているものが一般的です。
しかし中にはクロスゴムタイプのものや、ゴムを自分で縫い付けるものもあります。

クロスタイプのものは、ゴムの力で足の甲をより出しやすくなります。
甲の出にくい人はクロスゴムのものを使用するとよいでしょう。

ただしバレエシューズに関しては、教室によって指定があることも。
それぞれの足の形や特徴によって、合わないシューズもあります。

一度教室に確認し、色やタイプ、メーカーの指定があるか聞いてみましょう。
自分に合うシューズが分からないときは、先生に相談してみましょう。




ソールの選び方

ソールは、バレエシューズの外側の底についている、皮の部分のことです。
このソールには2種類あり、それぞれに特徴が異なります。

  1. フルソール
  2. スプリットソール

フルソール

1枚の大きな皮が張られているタイプです。
足裏の前後が繋がっているので、よりシューズの反発力が強い特徴があります。

しっかり足の裏に力を入れる意識を強め、ルルベを安定させることができます。
足の裏の力が弱い人は、フルソールを選びましょう。

スプリットソール

足裏の前と後ろで、ソールが分かれているタイプになります。
ソールの面積が少ない分、安定感はありませんが足を楽に動かすことができます。

つま先を伸ばしたときやルルベのときの、甲のラインや足先のラインがきれいに出ます。
甲が低く、足のラインがきれいに出ない人などにオススメです。

一般的には初心者はフルソールから使い始めることが多いですが、大人の場合、どちらのソールを使ってもよいでしょう。

フルソールはしっかり支えてくれるというメリットが、スプリットソールは足をきれいにみせるというメリットがそれぞれにあります。

サイズの選び方

バレエシューズのサイズは、普段履いている靴のサイズ感とは少し違います。
普段履いているサイズの0.5~1cm程度大きめを選ぶとよいでしょう。

履いてみて、足の指が自由に動かせるかどうか試してみる必要があります。

メーカーによってサイズ感が違うので、最初は必ず試し履きをして、履き心地を確認した上で購入しましょう。
一度自分に合ったメーカーとサイズが分かれば、通販などでリピート購入をすると便利です。

メーカーの選び方

チャコット

チャコットのロゴ

チャコットは最も有名でメジャーなダンス用品メーカーです。
バレエシューズも、最初はチャコットでそろえる人が多いです。

柔らかくて馴染みがよく、誰にでも履きやすいシューズになります。
縫製がしっかりしていて丈夫ですが、値段はやや高めです。

シルビア

シルビアのロゴ

シルビアのシューズは、メジャーなメーカーですが値段がリーズナブルです。

チャコットに比べて、足のつま先の部分(ヴァンプ)が浅いのが特徴です。
足の甲をしっかり出したい人や、甲が低くてきれいなラインが出にくい人におすすめです。

サンシャ

サンシャのロゴ
非常に価格が安いのがサンシャのバレエシューズです。
サイズ感はやや大きめで、幅も広いので足の大きな方にはオススメです。

その他、バレリーナ・グリシコ・カペジオなどのメーカーも有名です。

最初から価格を気にして安いものを買ってしまうと、足の正しい動きに影響が出る可能性があります。

最初はチャコットやシルビアなどの、老舗バレエ用品メーカーのものを購入することをオススメします。

大人の初心者の方なら、足が成長することもないので最低でも1年間は1足でじゅうぶんレッスンできるでしょう。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、ミキコです。 小学1年生〜高校2年生までバレエを習っていました。 一旦はやめたものの20代半ばで再開し、今は週3回レッスンを受けています。 バレエの面白さをもっと知ってもらうために、このブログを書いています。