【飯島望未のwiki】身長や生年月日年齢は?シャネルの映像作品モデルにも起用




今回はバレエダンサーとしてだけでなく、そのファッションにも高い注目が集まっている飯島望未さんについて調べてみました。

飯島望未プロフィール

  • 生年月日 1991年8月6日に生まれ
  • 出身 大阪
美人バレエダンサーとして活躍している彼女のことはご存知の方も多いでしょう。

飯島望未のバレエ経歴

Nozomi iijimaさん(@nozo0806)がシェアした投稿

母子家庭で育った彼女。

6歳からバレエをスタートして、2005年の13歳のときにバレリーナとしてNYで行われた「ユース・アメリカ・グランプリ」で3位に入賞しています。

2007年に15歳で単身渡米し、ヒューストンバレエスクールへバレエ留学をし、翌年の2008年にヒューストン・バレエ団に入団してとプロ契約を果たしています。

2012年には、デミソリストとなり、2013年のアメリカのダンスマガジン「25人のいま観るべきダンサー」に選出され、2014年には、ソリストに昇格しています。

その後、8年間在籍していたヒューストン・バレエ団を退団し、2016年8月よりスイスのチューリッヒ・バレエ団に所属。

そして、2017年7月ヒューストン・バレエ団に戻りました。

現在は、プリンシパルに次ぐ、ファーストソリストとして活躍しています。

Nozomi iijimaさん(@nozo0806)がシェアした投稿

飯島望未がバレエを始めたきっかけ

Nozomi iijimaさん(@nozo0806)がシェアした投稿


小さい頃に肩が内側に入ったため背中が丸かったようで、その姿勢を直すために、母親に連れられて地元のバレエ教室に通ったことだそうです。

当時、ほかの同じ年の子供たちが上手に踊るの姿に悔しい思いをして、大変に努力をしたことが現在の活躍に繋がっているのでしょう。

彼女の踊りの魅力は、ルックスの美しさは当然のことながら、CMに登場した踊る姿でもお判りの通り、柔軟性と体幹が素晴らしいことです。

CMの中でも、飛んで開脚する姿やトウで身体を支えて足を高く上げてピタッ!と止めている姿は、多くの方を魅了したに違いありません。

クラシックバレエをこよなく愛している彼女は、自由さのあるコンテンポラリーにもこだわっています。

日々の練習を積み重ねて基礎や技術、経歴が伴わないと踊れないクラシックバレエに、モダンやセンスを表せるコンテンポラリーを融合させたオリジナルのコンテンポラリーダンスが最大の魅力といえます。



飯島望未の作品「5つの矛盾」


上品でフローラルな香りだけでなく、スモーキーな香りも感じる進歩的な香水「CHANEL Nº5 L’EAU」をテーマとしています。

この劇中では、みずみずしく華やぐ上品な香りだけではなく、そこに潜むさまざまな香りが精巧に集まっているので、強弱、キレイだがつたない、こうなりたいけれどできないなどの二面性を表現している作品です。

得意としているクラシックバレエにコンテンポラリーを追求して行ったチューリッヒで実力が発揮できなかったことのフラストレーションをこの作品の踊りで表現しているようです。

舞台や普段の生活の中には、クラシックバレエやコンテンポラリーダンスをメインにレッスンをしているのは当然ですが、プライベートでは、テクノが好きでクラブなどにも行っているとのこと。

ヒューストン在住の頃は、ゲイの子たちと女性が安全なゲイクラブによく行って踊っていたようです。

これまでの長いダンス人生の中で、モーリス・ベジャールという有名な振付家の名言で「伝統があってこそのモダン」という言葉が大好きだそう。

クラシックがあるから崩すことができるということから、大好きなクラシックバレエを基本に、進化して行くコンテンポラリーが好きと語っています。

どんな事にも伝統や軸は共通してあるので、正統を知る事で革新が生まれるという思いから、自分らしさを表現できるコンテンポラリーダンスを始めたのでしょう。

バレエだけじゃない。飯島望未のファッションにも注目!

Nozomi iijimaさん(@nozo0806)がシェアした投稿


ダンスだけでなく、飯島望未さんのファッションも注目されています。
幼い頃から続けているバレエで培ったしなやかな身体と透き通るほどの透明感のある白い肌は、女性の憧れの的でもあります。

黒髪ショートヘアから、髪色をシルバーにしたり、ブランド問わず自分で気に入ったアイテムにとことん挑戦するマインドなど、おしゃれに対する自分らしいポリシーを持っているのも魅力です。

洋服やおしゃれ好きなことも母親譲り

幼い頃からいろいろなものを母親が見につけさせていたので、自然とおしゃれすることを頑張ることなく身についたそうです。

おしゃれなファッションは、母親から教えられたことのほかにも、オードリー・ヘップバーンの「ローマの休日」や「ティファニーで朝食を」の映画が好きだったことから、オードリー・ヘップバーンのファッションを参考にしているのかもしれませんね。

そんな洗練されたセンスを持ち、自分らしさを大切にしている私服姿は、飯島望未のSNSのインスタグラムに公開されています。

Nozomi iijimaさん(@nozo0806)がシェアした投稿


インスタグラムには、トレンドを押さえた抜群のセンスの私服が多く、次世代のおしゃれアイコンとしてもフォロワーが増加しているようです。

投稿画像を見て、飯島望未のファッションを真似たり参考にしたりしておしゃれを楽しむ女性ファンも多いでしょう。

また、彼女自身も「私服などから私に興味を持ってくれた人が、そこからバレエをもっと身近に感じてくれたら嬉しいですね」と語っています。

セブンルールに出演

Nozomi iijimaさん(@nozo0806)がシェアした投稿


2018年5月1日のセブンルールという番組で、飯島望未さんが取り上げられましたね。

飾らない彼女の姿に、わたしはますます惹かれてしまいました。

レッスンの様子だったり、自宅での過ごし方など貴重な映像をたくさん見れました。

飯島望未関連グッズの紹介

いろは
飯島望未さんってすごくキレイだし、オシャレだし憧れちゃう…!
インスタ、チェックしなくちゃ。
ミキコ
いろはちゃん、オシャレするのと同じくらいバレエのレッスンにも力を入れてね。
下の記事が勉強になるから、目を通してみて。

バレエに必要な筋肉のつけ方は?効果的な鍛え方を調べてみました。

2017.11.10

【バレリーナダイエット5つのコツ】食事内容やメニューを調べてみました。

2017.12.01






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、ミキコです。 小学1年生〜高校2年生までバレエを習っていました。 一旦はやめたものの20代半ばで再開し、今は週3回レッスンを受けています。 バレエの面白さをもっと知ってもらうために、このブログを書いています。